05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07


| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
な~んにも
いつもと同じ日常

いつもと同じように届くメールでのお知らせ

でもまるっきり同じってわけじゃないんですね…
ドール日記に11/1のドールイベントの事を書いているんですが
その日クリスさんとの会話の中でずっと思っていた事を熱く語ったのですが
もっとその気持ちは大きくなりました。

免許を取って乗ってるんだから
乗るなとは言えないのかもしれないけど
出来れば乗って欲しくないです。

自分がケガをしなくても誰かにケガをさせてしまうかもしれない
命を奪ってしまう危険性もある事を忘れないで欲しい。

だったら誰も乗れないじゃん?
そう考えると何も言えなくなってしまうけど…

有名人だからは関係ないかも?
一般人でも立場は同じだからね~

大切な人を事故で亡くした人がここにいます。

エリック(仮)は父親を・・・
私は初めてチョコレートと手編みのマフラーをあげた大好きだった先輩を・・・

どちらもバイクに乗っていて事故で亡くなりました。

この問題はほんと難しいと思います。
考え方は人それぞれだから。

バイクで失った人がいるのに私は自動2輪の免許を持っています。
数年前まで250ccを持っていて時々ですが乗っていました。

エリック(仮)が乗れるうちに乗っとけば?と言ってくれて
購入したのがきっかけだったのですが
ケガをしちゃいけない…エリック(仮)を残して先に死ねない…

いつの間にか免許を取った頃とは違う気持ちが
私の中に生れていたようです。
いつまでも若くはいられないって事?

そんなことを頭のすみにずっと置いてたまに動かす程度でした…

まあ、ツーリングに行くとかまでのめりこめなかったですね・・これだから・・

だから思い切って手放す事にしました。

免許を取ったきっかけがバイクで北海道に行ってなきうさぎが見たいだったのですが
夢は叶わなかったけどきっと乗ってなかったら
あの時乗っておけば…って後悔してたかもだし。

1度だけ事故った事があります。
20歳の時にスクーターに乗っていて自転車で蛇行運転をする酔っぱらいをよけて
わざとバイクを倒して接触だけは免れたんですが右鎖骨を折り入院。
その時代はまだヘルメットを着用義務がなかったので←逆算するな~
頭も打ったっけな~
でもほとんど止まった状態でバイクを倒したので
打撲程度で済みました。
相手は自分で転んでひざをすりむいたのですが
泥酔状態だった事もあり私はもちろんおとがめなし。

事故現場で現場検証をしている時
父がそばにいて泣いてました。

いろんな事を聞かれたんですが
普段仲が良くないと思っていた父が
私の事をたくさんかばってくれました。

それなのにそのあとに親に黙って自動2輪の免許を取ったんだな~

いや~若いって怖いです。
何の恐怖もなかったもん。

でも年齢を重ねるにつれ人って変わるんですね
自分さえよけりゃいいって親の言う事もほとんど聞かず
自由奔放に生きていた私が今これなんだから・・・




何を書いているのかわからなくなってきました。

一つわかっている事は…

ただ歩いているだけでも危険はあるのですから
それだけの危険が身近にある事を忘れないで欲しいって事です。
誰のため…?
少なくとも家族や友人を悲しませる事だけはしないで下さい。


砂利で滑って転んだ事があります。

バイクは小さな石ころ1個で簡単に転倒します。

ヘルメットは頭部は守ってくれますが
命を確実に守ってくれるものではありません。
軽装で乗るなんてもってのほかです。
ノースリーブで転んだらどうなると思いますか?
グローブもちゃんと着用して
安全運転を心がけて下さい。

そう考えつついろんな事が頭に浮かんできます。

彼の楽しみの1つを奪っていいのか?
つい、そう考えてしまいました…
いつも与えてもらうばかりで…
バイクに乗る事が発散の1つになっていたら・・・
それを奪われてしまったら・・・

でも、やっぱり心配です。
もう乗らないでって願うのはわがままですか?

つぶやき】 | top↑
| Home |
お勧め本☆
月別アーカイブ
World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。